マツダ・ロードスター 【レンタカーLife】外車レンタカー&カーシェアリング比較

マツダ ロードスター レンタカー試乗記

この楽しさ、こんなクルマ他にありません。

前後重量配分50:50のライトウェイトスポーツ。
クーペスタイルのタイトなコクピットからクルマを操る楽しさはもちろん、
オープン時の開放感・爽快感も楽しめる。
ギネスに乗っちゃうほど売れてるワケを体感してみたい。

マツダ・ロードスター レンタカー普段はオートマのファミリーカーに乗る私にとって、スポーツカーをレンタルするなんてことは、かなり勇気のいることでした。
まして初めて借りる車はマツダのロードスターという、オープンスポーツカー。

予約当日までワクワクして過ごした。
というよりは、むしろ借りて失敗したかな?という不安でいっぱいでした。

オープンカーって屋根がないけど大丈夫なの?
みんなに見られて恥ずかしいんじゃない?
いや、恥ずかしかったら屋根を開けなければいいんだよ。
でもでも、開けなかったらオープンカーをレンタルする意味がないよ!?

そんな葛藤の末、ロードスターのレンタカーを予約した当日を迎えたのでした。

マツダ・ロードスター レンタカー
ロードスター(NC2 S RHT 6EC-AT アルミニウムメタリック)

何度もリピートした、その楽しさ

近所のタイムズ カー レンタルで借りれるロードスターは、NC2型と呼ばれる現行型ロードスター(マニュアルモード付き6速オートマ)のほかに、NC1型(マイナーチェンジ前)のロードスター(5速マニュアル)が1台ありました。

私が最初に借りたのは6速オートマの方で、ボディカラーもストーミーブルーマイカという落ち着いた青色のロードスターです。
慣れないスポーツカーに乗るのだから、まず最初はオートマの方が無難だろうと思ったのです。
ボディカラーは予約の際には選べないと思いますが、たまたま落ち着いた色だったのは幸いでした。
ロードスターで道路に出て最初に感じたのは、普段乗っているファミリーカーと比べて圧倒的に低い視点からみる景色の違いです。
見慣れたはずの風景が、まるで違ったものに感じます。

また、スポーツシートに体を包まれ、タイトなコクピットでロードスターを操っていると、クルマというよりバイクに乗っているような気がしました。
1,160kgという軽い車重(電動ハードトップ+オートマ車)、道路の感触がダイレクトに伝わるハンドル、締め上げられたサスペンションなど、乗り心地や使いやすさを優先したファミリーカーとは、全く違うのです。

まだ屋根はオープンにしていませんでしたが、ただ道路をゆっくり走らせているだけで楽しかったです。
信号待ちしている間や、踏み切りで止まっている間、合流で他の車に道をゆずるという動作、普段の運転で当たり前にしていることが全て新鮮に感じます。

マツダ・ロードスター レンタカーロードスター(NC2 S RHT 6EC-AT ストーミーブルーマイカ)オープンカーなんて恥ずかしい!?
ロードスターにはソフトトップと呼ばれる布地の幌の屋根のタイプと、RHT(リトラクタブル・ハードトップ)の2種類があります。

オートマで借りたものは全てRHTタイプでした。
運転席に座ったままスイッチを押すだけで、約12秒でハードトップの屋根がオープン状態になります。
そのオープンになるメカニズムはなかなかシャレています。

ロードスターは一般的な他の電動ハードトップ・オープンカーと違い、屋根がトランクではなく運転席後部に格納されます。
大きく開くトランク格納タイプと違い、運転席とトランクの間の狭いスペースに屋根が格納される最中の形態はとてもカッコイイのです。

正直、なかなかオープンにするキッカケをつかめず、躊躇してしまったのは確かです。
なんか注目を浴びてしまうんじゃないかと心配でしたから。
結局、人目がなくて道幅の広い道路端に停車し、そこでオープンにしました。

参考動画:マツダ ロードスターPV(ロードスターは海外ではMX-5と呼ばれています)

もうオープンカーしか乗れない!

マツダ ロードスターオープン状態でしばらく走っていると、自然に笑いがこみ上げてきました。
市街地から離れて人目が少ないエリアに入ってからは、声を出して笑いながらの運転です。

「わっはっは!た、楽しい~~」

オートマかマニュアルかなんて関係ない。
エンジンのパワーとか細かい性能の話なんてどうでもいい。
もっと早くこの楽しさを味わいたかった!

ロードスターならではのクルマと一体になって道を駆ける楽しさ。
目に見えるもの、すべてが自分のものになったような開放感。
世界一売れてるオープンスポーツカーとして、ギネスに載っちゃうだけあります。
二人しか乗れなくたって、こんなに楽しいんだもの。

このクルマに乗るまでは、セルフイメージを高めるための一環として、高級車に乗るイメージをよく思い浮かべていました。
実際に試乗にいったり、見て触ってその造りの良さに関心したりしました。
でも、このクルマに乗ったらそんなセルフイメージなんてどうでもいいです。
もし運転手さんがいて自分は後部座席に座るのなら高級車でもいいかもしれません。
でも自分で運転するなら、絶対こんなクルマがいい。

通勤にクルマを使わない私にとって、こういうクルマが必要なのは週に1回とかオフの日だけ。
それにはレンタカーはもってこいです。
週に1回くらいのレンタカー利用なら、購入するよりずっと安く済みますから。


MXテレビ「アンダーステア」 on YouTube

初代NA型ロードスターと最新NC型の対決を通して、ロードスターのロマンを語る番組。
ロードスター on Youtube
新旧 マツダ ロードスター 対決【1/3】LinkIcon
ロードスターに乗ると、初恋のときの気持ちを思い出させてくれる。。。
新旧 マツダ ロードスター 対決【2/3】LinkIcon
運転に飽きた大人に「あぁ、運転って楽しいんだ」と気づかせてくれる。
新旧 マツダ ロードスター 対決【3/3】LinkIcon
2人しか乗れないけど、ミニバンやセダンとは濃さが違うのさ。


寒い冬や強風でも、意外と快適なオープンカー

マツダ・ロードスターロードスター(NC1 ベースグレード Softtop 5MT カッパーレッド)意外だったのは、初めてロードスターのレンタカーを借りたのが12月だったにもかかわらず、オープン時の車内はとても暖かだったことです。

レンタカーのロードスターにシートヒーターはついていませんでしたが、ドアのウィンドウを上げて暖房を効かしていると、ほとんど寒くありません。
おでこから上が少し風に当たって涼しいくらいで、頭寒足熱でちょうどいいくらいです。
さすがに日陰では暖房全開にしないと寒く感じましたが、日が当たっているととても暖かです。
寒い風が車内(特に足元)に入ってこないようになっているみたいですね。

また、ロードスターのオープン状態は、強風にも強いことがわかりました。
山間部を走行していて、やたら人目が気になっていたのですが、休憩のため駐車してクルマから降りてみると、突然、体が飛ばされそうなくらいの強風にあおられました。

「えっ?こんな風強かったの?」

マツダ ロードスターどうりでオープン走行中に皆が注目するわけです。
「こんな風の強い日にオープンで走ってるなんて、どんな物好きだ?」
とでも思っていたのでしょう。
しかしウィンドウを上げて、さらに運転席後部の巻き込み防止用のエアロボードを立てて走っていると、外の強風に全く気づかなかったのです。

屋根が開いてるオープンカーにもかかわらず、適度に守られ感があって安心して乗れるクルマですね。

ちょうどそのころは落ち葉の季節でしたが、信号待ちでピューって風が吹いてきて1枚の落ち葉が助手席にヒラリと舞い降りたときは、季節をしみじみと感じたものでした。

ああ、またオープンカーでドライブに行きたくなってきましたよ。

マツダ ロードスターをレンタルしたのはこちら

タイムズ カー レンタル

最短1時間前まで予約可能。
全国展開のレンタカー会社で唯一、常時多くの店舗でスポーツカーが借りれられます。
タイムズクラブ会員に登録すれば最大20%オフ。

タイムズ カー レンタル Square_blk_Right.png

人気上昇中!YouTubeチャンネル